住宅・不動産業向け 来店誘導コール
「アポluck」

TOP > サービス案内 一覧 > 住宅・不動産業向け 来店誘導コール「アポluck」
アポluckロゴマーク


このような方におすすめです

  • WEB反響・
    会員登録
    から、売上を
    向上させたい
  • 自社でテレアポ
    体制を設置する
    コストを削減したい
  • 営業マンには
    営業・商談
    専念してほしい
  • WEB反響集客
    仕組み化したい

来店誘導コール「アポluck」とは?

アポluckは貴社の会員登録サイトや資料ダウンロードなどのWEB反響に対して、お客様との早期接点を確保し、モデルハウスや店舗への来店を誘導するコールです。反響通知到着後、30分~1時間以内というスピーディな・架電により、高いアポ獲得率を実現します。

また、お客様の現状ヒアリング、ニーズの掘り下げをすることで、来店時の商談・成約までを意識したコールをいたします。

Advantage 【FCR】アポluckの3つの強み

高い
案件化率

アポ獲得と追客に特化した専任アポインターを設置することで、来店誘導率30%を実現。
アポ率が3倍以上に跳ね上がった事例もございます。

提案力

ヒアリング

希望エリア・入居時期・間取り・予算などアポが取れた後の商談を見据えたヒアリングをすることで、商談までに事前準備ができます。

トーク
スクリプト

成果につながったトークや受付突破率の高い事例はメンバーで共有し、常にスクリプトを進化させていくことで高水準のアポ獲得率を実現させます。

導入時の業務フロー

①会員登録・資料請求 不動産サイトへ会員登録 お気に入りの物件への資料請求
②顧客反響・データ共有 お客様からの反響通知が届く 反響通知を
FCRコールセンターへ共有
③お客様へコール 会員登録、資料請求のお礼 来店誘導、イベント誘導コール アポ日程
コール状況を貴社へご報告
④お客様来店 お客様店舗来店

インサイドセールスを行うタイプ別3つのパターン

今すぐに、金脈の資料請求客を呼び込む方法とは?

オススメはプロの外注業者に依頼することです。
なぜなら、資料請求をしても企業から電話がかかってくることがなかった2~3年前とは異なり、今では当然他社も資料請求客へコールを行っています。
つまり競合状態にあります。そうなれば差別化は電話をする・しないではなく、トークの内容やフロー、話し方や声のトーンといった質の部分です。
コール専門のスタッフによる安定したコール、テレコミュニケーションスキルや洗練されたトークスクリプト(台本)こそが、他社との差別化ポイントであり、資料請求客を呼び込めるかどうかの分水嶺となります。
つまり、分業できる部分はその道のプロに任せるというのが結果的に会社全体の生産性を高めるのです。

Result アポluckの導入事例ご紹介

Flow サービスの流れ

  1. STEP.1お問い合わせ・ご相談

    まずはお電話・メールでお気軽にお問い合わせください

    お問い合わせ・ご相談
  2. STEP.2お打合せ

    ご依頼内容の確認・詳細事項についてヒアリングいたします。

    お打合せ
  3. STEP.3事前準備

    スクリプトの作成・リストの調整等の準備を行います。

    事前準備
  4. STEP.4コールスタート

    事前準備完了後、コールスタートいたします。

    コールスタート

Staff 担当スタッフのご紹介

  • 船井総研コーポレートリレーションズ セールスBPO事業部  営業支援グループ 池内 愛

    船井総研コーポレートリレーションズ
    セールスBPO事業部 営業支援グループ
    池内 愛

    船井総合研究所において、コスト部門であったコンタクトセンターを収益部門に転換させた立役者の1人。

    comment
    企業のサービスや商材こそが顧客との絆(エンゲージ)ととらえ、業績アップに繋がるサポートを致します。
  • 船井総研コーポレートリレーションズ セールスBPO事業部  営業支援グループ 樋口 拓夢

    船井総研コーポレートリレーションズ
    セールスBPO事業部 営業支援グループ
    樋口 拓夢

    前職は金融機関にて不動産融資業務、人材紹介業務に従事。船井総研コーポレートリレーションズに入社し、BPO事業部にてアポluckの責任者として、コール業務の受託運営をマネジメントしている。

    comment
    業績アップを最優先目的とし、成果を上げるために最善を尽くします。

FAQ よくあるご質問

コールの対応日は平日のみですか?
コールは土日もOK FCRのコールは土日でも対応可能。最適なタイミングでコールすることが可能です。
1人のお客様に対して不在時のコールは何度までかけてもらえますか?
5回までおかけします 繋がりやすいタイミングを考慮して5回までおかけします。
顧客管理システムをもっているのですが、その際はどのようになりますか
アカウント共有によりそちらの顧客システムに入ることが可能ですアカウント共有いただければ、貴社の顧客システムにログインすることが可能です。
※別途オプション料金